求人

都市部と田舎の求人数の違いと最近の傾向

メモを取る女性

一般的に都市部の求人数は多く、流動的です。比べて田舎の求人数は少なく、定着率は高い傾向にあります。都市部には文化や流行が流れ込みやすいですから、求人そのものが発生しやすいですし、もともと人が多いので、人の数に比例して求人の数が多くなるのです。一方、田舎では、その土地にもよりますが、土地ならではの文化が、その地域固有で、独自のものとして、非常に大切にされ、落ち着いた暮らしが繰り返されているパターンが主流です。
そのため、頻繁に求人が発生する理由はなく、企業自体に、減る傾向はあっても、増加は目立ちません。職場も求人数そのものが限られているので、働く人は自分の職場を動かないで良いように、努力を重ねる傾向にあります。新たな職場を探すよりも、どう居心地良く働くのかの方法を探すのです。最近、こういったこれまでの流れに対して、求人に関して新しい特徴が見られるようになりました。
仕事にインターネットが深く介在したことによる、人々の働き方の変化です。これまでは、「その場所」で働くことが求められてきましたが、今後、人々は働く場所を限定されることなく、多様な能力を発揮できるようになるでしょう。特に増えているのは、田舎に暮らしながら都会の会社の仕事を受注する働き方です。求人形態も当然変わり、「在宅可」「出社不要」といった文言を多く見る時代となりそうです。

愛媛県の求人傾向とは

ミカンなどの柑橘類の生産が盛んな愛媛県で仕事を探される際は、愛媛県でも地域によって異なる企業傾向を把握しておくことが大切です。愛媛県は東予、中予、南予と地…

握手

愛媛県での求人の好循環とは

愛媛県では求人が依然と違ってきていると言われているのです。では、愛媛県の求人はどのように変容をしてきているのでしょうか。1つ目は、愛媛県は最近観光産業が盛…

スーツの男性

UPDATE POST

NEW2017年05月29日
田舎の求人はを追加しました。
NEW2017年05月29日
都市部と田舎の求人数の違いと最近の傾向を追加しました。
NEW2017年05月29日
愛媛県での求人の好循環とはを追加しました。
NEW2017年05月29日
愛媛県の求人傾向とはを追加しました。

≫ 記事一覧へ

TOP